総量規制

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などを利用する場合、貸金業法の適用により借入れをすることになります。

 

貸金業法は2010年に改正をされ、その際に「総量規制が」新たに追加されました。

 

 

 

総量規制とは、貸金業者で個人向けの借入れをする場合、年収の1/3以下までしか借入れできないという法律です。たとえば年収が300万円である人は、100万円以下が借入可能額となります。この金額を超えて借入れすることはできません。

 

かつては借入れが可能であった専業主婦の利用も大幅に制限され、現在では大手の消費者金融では実質的に借入れできない状況となっているようです。

 

 

 

それでも総量規制対象外となっている借入れもあり、それが「おまとめローン」です。複数の会社から借金をしている場合、1か月に何回も返済日がやって来ることになり、その管理が大変なことで経済的・精神的負担が大きくなります。また借金が分散していることで、高い金利を支払っている場合もあります。借金をまとめることで100万円以上となれば、今までよりも低い金利にすることが可能になるのです。

 

 

 

ただし総量規制により借入れの総額を制限されているので、限度額いっぱいまで借りている場合には、これ以上の借金は難しくなります。その場合には総量規制の例外として「おまとめローン」を利用することが許されているのです。おまとめローンを利用することで一方的に有利となる借り換えについては、年収の1/3を超える場合でも借入れが可能になります。

 

 

 

その場合、全ての金融会社でおまとめローンの利用が可能とは言い切れない場合もあるので、まずは相談をしてみることをおススメします。