派遣でも銀行カードローンは大丈夫?

銀行カードローンと言うと、総量規制対象外かつ低金利が魅力であり、高額な借り入れでも利息が抑えられるという特徴があります。

 

しかし、より銀行カードローンでお得に借り入れをする場合、ただ単に金利が低いことだけを注目することは損をする原因となります。例えば、銀行カードローンの金利スペックで『1.9〜14.5%』といった表示を目にすることがあります。

 

しかし、金利は利用限度額毎に固定金利になるものと、審査結果に応じて金利が決まる2つのケースがあり、利用限度額で固定されることは損をすることになります。より好条件での借り入れを期待する場合、100万円未満の借り入れでも14.5%固定よりも9.6〜14.5%と幅のあるカードローンを選択するのが得策です。

 

金利は信用度により査定されるため、固定金利のカードローンは将来的に支払う利息を高くしてしまいます。返済期間が長期間になる借り入れ程、少しでも低い金利での契約が重要であり、契約を検討する際はカードローンの商品概要を隅々まで確認することがポイントになります。

 

地方銀行のカードローンの場合、利用限度額毎に金利も固定されているケースがあるため、キャッシングを検討する際はメガバンクを含む都市銀行やインターネット銀行を先ず検討するのが意外におすすめです。