派遣,キャッシング

就職氷河期にどこの会社からも内定をもらえず、そのままフリーターとして働いている方は少なくありませんが、アルバイトの場合は有給休暇がないため、病気やケガで、しばらく仕事を休まなければならなくなると、その間の収入が途絶えてしまいます。

 

 

2、3日程度ならそれほど問題はないでしょうが、さすがに一週間も休むことになると、かなり収入が減ってしまうので、家賃や生活費の支払いが出来なくなってしまうようなこともあるでしょうね。

 

 

そんなときはキャッシングが便利なので、困ったときはお近くの銀行または消費者金融に申し込むようにしましょう。

 

病気やケガで、あまり遠くまで出かけられないという方は、電話やインターネットを利用すれば、わざわざ店舗まで行かなくても申し込めるので安心です。

 

 

アルバイトをしている方なら、安定した収入があると判断されるため、審査で不合格になることはありませんし、少額融資の場合は収入証明書を求められることもないですが、本人確認書類は必要となります。

 

運転免許証や健康保険証などの住所、氏名、年齢がわかるものは用意しておくようにしましょう。

 

 

スピード審査のサービスを行っている消費者金融に申し込んでいれば、審査結果が出るまでそれほど待たされることはありません。

 

大体30分ほどで結果が出るため、合格していれば指定した口座に必要な分のお金を振り込んでくれます。

 

 

低金利の会社を利用すれば、ほとんど利息を取られないので、アルバイトの収入が少ないときは利用することをおすすめします。